スキンケアを夏に行うなら内側からのケアを

スキンケアを最も徹底したい時期は夏なのです。
これは紫外線量が増えるためで、普段よりもお肌がダメージを受けやすくなっています。
夏になると肌質が変化し、乾燥が続くという方が多いでしょう。
紫外線はお肌の水分を奪ってしまうので、カサカサ肌になりやすいのです。
カサカサに乾燥した肌は、オイリー肌、敏感肌に進行することもあります。
乾燥とオイリーは無縁のように思えますが、乾燥したお肌は大量に皮脂分泌を始めることがあります。
これはお肌の自己防御機能であり、お肌を守るために必要な皮脂が欠乏することで、皮脂分泌力が高まってしますのです。
洗顔後に化粧水、美容液、乳液などをまったく使わないで放置しておくとわかりますが、翌日の肌がいつもよりテカっているでしょう。
水分や油分を与えたほうが皮脂量が増えるように思えますが、実際はまったくの逆なのです。
ただ、皮脂を減らすために洗顔をしないという発想は間違っています。
古くなった肌表面の皮脂は、完全に除去する必要があります。
除去をしてからスキンケア用品で保湿、油分補給を行っていきましょう。

さらに身体の内側からのケアも大切となります。
紫外線量の多くなる夏は、抗酸化力の高い食品を多く摂るべきです。
例えば、ビタミンCを多く含む食材、豆乳、ヨーグルト、水素水などは得におすすめです。
腸内環境を整えた上で、抗酸化成分をたっぷりと補給することが大切となります。
細胞は食べ物から作られていることを忘れてはいけません。
最強のスキンケア対策は、身体の内側からケアすることなのです。
無理なダイエットをすると、脂質が不足してしまう可能性があります。
皮脂不足はバリア機能を弱くし、紫外線による日焼けのダメージを大きくするので注意が必要です。